【社長のひとりごと。】

日々の出来事をつれづれなるままに。

雨・雨・・

秋分が過ぎ、稲刈りの時期となっても天気が悪い。

夜半の目覚め、雨の音が聞こえる。

《本当に天気が悪い。》との独り言が出ました。


彼岸花の群落の赤色にドキッとし、離れて咲く紫苑にホットする。

彼岸花が曼珠紗華とも呼ばれ、花に毒がある。という知識のためか。

そして、紫苑には別名十五夜草という別名があるからか!


門田の家に身しらず柿の木が2本。

喜多方の家に甘柿の老木が一本。

暖冬と新芽が出た後の雪と低温にて、ほとんど実が見られない。

門田町には身しらず柿の名産地があり馴染みある秋の果実であるが、今年は?

それこそ、お土産柿・送り柿としての市場を持っている。

生産量減は春先から分かっていたことであるが、生産者・流通業者に聞いてみれば、一度離れたお客さんが次年度に戻ってくるか、そして、生産の意欲減退につながりはしないか?

まだ、雪深いときからの剪定作業から始まり、果樹園の草刈等の管理、摘果、消毒等々の労力を思うとき、今年のダメージが・・・。

そういえば、今年のお土産柿の箱に入れられる《文章》があるという。

つまり、官民挙げての消費者離れを防ぐ対策ということである。

お客様あっての・・・。が、消費者信仰が行過ぎても、・・・難しいね。


夜半の目覚めに、私の思考は・・・貧弱だ。!

それは、後ろ向きだという意味である。



スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 03:10:35|
  2. 日記

逝く

門田の家、町内で同じ組の人が亡くなった。

午後、仕事・正副支部長会議に出席しているときに連絡を受ける。


昭和19年生まれ(満72歳)であった。

玄米食にて健康に気遣う人であったが、去年2月に脳梗塞になり言語障害が残ったが、春の農繁期にあわせてリハビリも中途半端にて、今年、7月下旬近くのコンビニのパーキングで意識を失って病院に搬送された。

人の寿命は、それぞれであり、そこに家族以外のものが何かしら学ぶとしたら何だろう?と、思いながら見舞いに出かけた。

門田の家のある町内組、8世帯であったが、1世帯は発展的?!に離れ、7世帯となったが、2世帯の先輩が亡くなり世代交代。

これは、時世の流れという事であろうが、次世代の人との交わりがなかった分、何かを思う。

やはり、同世代、先輩世代の健在であることは、《いいなぁ!》と思う。

町内の次世代の息子さん・嫁さん、・・スーパーなどの外でお会いしても分からない。

日常の中、近くの宅地より出かけたりするから識別するだけである。

門田の家でも、それが普通であり、隣近所のお付き合いより、仕事・学校関係のつながりが濃くなって、又、それが当然であるが。


逝った先輩、芯がある!?というのか、私が右といえば、左とは言わないが、頑固な人であった。

[本郷町に田を求めたときも、親父は売っていたが俺は買う。]と、言った言葉が印象深い。

町内に移り住んだ彼の同級生と話したことがあるが、《まぁ、何と言うか、言うこと聞かない人。》という表現をしていた。

軽トラックより町内の知り合い人に片手を上げる仕草が、もう見られないと思うと寂しい。


二人の子供さんがしっかりと見舞い客に応対し、近くのお姉さんが介添えしていた。

それはそれで先輩は先輩の人生を全うしたのだろう。合掌



  1. 2016/09/28(水) 16:44:00|
  2. 日記

ため息が

フイットネスに通っている!といっても、サウナに1回(10分)入って、シャワー浴びてスッキリした気持ちなって、<ハイ、すみました。>ではいけませんよね。


フイットネスに入館するときには、カードをかざして、そうすると、入り口ゲートの上に登録しておいた写真が出ます。


フイットネスに通うようになって、半年も行かなかったときもありましたが、開業以来の会員ですから、何年になるのかな?だいぶ経ちますね。

写真入りカードは入会してから1.2年後だったと思いますが、・・・。

それまでは単純なカード、それが写真入のカードを使用するようになって。


普段は、カードを機械にさらし、上の写真を見ることもなく、下駄箱に下穿きをいれ、ロッカールームに。

今朝、何気なく、カードを機械に照らして上を見たら、スッキリした私の写真が。

今のほうが下膨れというか顔に肉がついている感じ。

《あぁぁ、こりゃダメだ!》との独り言が。

何のためにフイットネスに通っているのか、体重増では、いやはやなんとも。


恥をかくというか、何のために会費を払っているのだ。と。


開業時のサービス価格にて継続しているといっても、今までに支払った総額は、・・・。

何事も最終的には個人の問題。

場所を提供されても、出来ないということは、恥ずかしいの一言です。


又、逆にフイットネスという場所があったから、この程度ですんでいるという考え方も。

これを、《屁理屈》という?!



  1. 2016/09/27(火) 16:45:00|
  2. 日記

居酒屋

久しぶりに居酒屋で飲む。


中心街の飲み屋さんで、月曜日の割には部屋は、私たちを含めていっぱいだった。

料理プラス飲み放題というセッティングで、ドリンクメニューを見たら、何でもありだ!。

ビール・日本酒・焼酎・・・・カクテルまで。

銘柄指定できるかも知れないが、メニュー表には載っていなかった。


ビールから始まって、ワンドリンクずつ、日本酒まで。

ビール・レモンハイ・ワイン・日本酒・・と飲んでみた。

カラフルなメニュー表は私のいやしさを助長したようだ。

途中で、やめた。飲みすぎだ!というより、ただ飲んでいる?

味わいが足りない。


1時間半後、予約しておいた代行運転にて帰宅。

8時過ぎには門田の家。


《山行》を計画している仲間との飲み会であったが、話は、親の介護・自分の体調、通院・・・等々の歳を感じさせるもので、《若い!》ということの大切さを思った。遅いか!!


帰宅後、定時電話を入れて、すぐにベッド。

そして、いつもの時間にはネットを開いている。




  1. 2016/09/27(火) 04:02:00|
  2. 日記

広告

不動産売買・賃貸物件の販促媒体としての広告。

紙面に広告を載せたり、ネットに載せたり、看板を掲げたり、と色々です。


どれが一番効果があるのか、

まず第一に物件の良し悪しにて決まり!

《モノがいい!割安感!》というのから、《環境・設備の充実》ということも。


消費者の目に留まる!ことが大切。

[不動産ポータルサイト]と契約しているのも、販促の一環です。

始めから《オザキフドウサン》のHPを開く人はいませんね。

会津若松市内の部屋探しをする人のアプローチは?

どんな道順で<内見してみよう!>という気持ちを起こさせるか?

そして、効率よく!です。


物件に看板を、そして、ネットに写真を豊富にして載せる。

それでも、今までとは違う供給過剰を感じています。


午前中、空きアパートの点検に歩く。

  1. 2016/09/26(月) 13:50:34|
  2. 日記

何となく過ごす

天気不良が続く中、雨降りと台風の記憶しかない9月でしたね。そんな中、快晴の25日、《何となく》過ごしてしまいました。

会津祭り<藩公行列>を見るわけでもなく、朝一でフイットネスに出かけ、その足で<案内>が入っていて現地に。

帰路に、<おはぎ>を求めてくる。

その後は、門田の事務室にて、あれこれ?


昼、いつもの<碁番組>を見て、(イッパイ!)という感じでコンビニにてロング缶を求め、-買い置きなく、コンビニが我が家ではなく、私の冷蔵庫!ー


家内の体調も回復!

定時電話・メールにての状況確認。

愛猫の面倒見ることなく、睡眠が回復への第一歩。

午前中、(これからお風呂入ります。)と。

3.4日ぶり・・・・。

その後のメールに、(さっぱりしたけど、髪の毛がすごく抜けた!)と。

ハゲの君も魅力ですよ!


私は、図書館より借りてきた本。

事務所の整理をしては時間を過ごしています。


静かな、静かな25日の午後でした。

  1. 2016/09/25(日) 16:56:00|
  2. 日記
次のページ